ウルティマオンラインの評価

ウルティマオンラインの感想 その1

ウルティマオンラインを10年以上前からプレイしています。
戦士や魔法使い、テイマー、生産キャラなど複数のキャラを作って、武器屋防具など自給自足できるところが好きです。
がっつりハマっていた時は2アカウント持っていました。

オンラインゲームなので友人と連れ立ってボスを倒しに行くことも楽しいのですが、どの位の敵まで一人で倒せるか挑戦するのも楽しみの一つです。
何度も死んでは蘇生してもらうということを繰り返して一人で強いモンスターを倒せたときには、ゲームとはいえ非常に達成感があります。
も船で海に出て釣りをしてみたり、地図を解読してトレジャーハントをしたりと一人でも楽しめることはたくさんあります。
ギルドにも所属していますが、まったりギルドでノルマ等はなく自分が参加したいときだけ参加するスタイルなので気楽に続けることができます。

時には知らない人同士で集まって、みんなで裸一貫から始めてモンスターを倒して手に入れた武器や防具を身に着けながら進んでいき、最終的にはボスを倒すというようなこともあったりと楽しいイベントにも参加します。

また、自分の家をカスタマイズして好きなように内装をいじるのも好きで、何日もかけてじっくり考えて納得いくまで何度も改装したりします。
内装アイテムではないアイテムを使って自分の好きな形を作ったり、レアアイテムを入手するために何か月も費やしたりと自分にとっては飽きることのないゲームだと思っています。

ウルティマオンラインの感想 その2

私がプレイしたオンラインゲームで一番思い入れがあったのはウルティマオンラインです。
最初は友達がプレイしているという話を聞いて、私も面白そうだなと思ったのが始まりでした。

ウルティマオンラインはMMORPGの中では当時もっとも人気で最も自由度が高いと言われていました。
かなりいろんな遊び方があって遊び尽くせ無いほどでした。
最初はコンシューマ機のRPGとは違った操作に戸惑いましたが、画面の中にいるキャラクター一人ひとりが世界のどこかに居る人間なんだという不思議な感覚がとても興奮しました。

それに普通のパソコンでプレイできるのも嬉しい要素のひとつでした。例えば3DゲームならゲーミングPC通で紹介されているようなハイスペックなデスクトップやノートが欠かせません。でもウルティマオンラインなら5万円くらいの安いノートパソコンでも問題なくプレイできるのです。

そしてRPGでは定番のモンスターとのバトルも楽しめるのですが、それ以外にもアイテムを作成したり、モンスターを捕まえて自分の代わりに攻撃させたりもできました。
戦闘だけではなく、街でも色々とできました。
いらないアイテムや、入手が難しいアイテムを街の中でプレイヤー同士で取引したり、ひらけた空き地土地には自分の家を建てることも出来き、そこに自分のお店を持つこともできました。

私は先ず、鍛冶屋にハマりました。
鍛冶屋はゲーム内のほとんどの武器を作ることができるようになるスキルですが、スキルの上級者になると作った武器に自分の名前が入るようになります。
それを友達や他プレイヤーに売ったのですが自分の名前入りの武器を使ってもらっていることが妙に感動しました。
他にも様々なアイテムを作成できるスキルがあり、手当たり次第スキルレベルを上げていき、名前入り家具や小道具などを友人配って自己満足に浸っていました。(笑)
俺が作ったこの家具の方が性能がいいぞと、ジョークを交えて…(家具はスキルレベルで性能差はでません)